Write-N

WEBライティング等の相談を承っております。

メニュー

【ブログライター】ひらがな?それとも漢字?SEO的には?~使い分けテクニック

【ブログライター】ひらがな?それとも漢字?SEO的には?~使い分けテクニック
※Write-Nは「ブログで稼ぎたい!」というアナタのために、アフィリエイトブログで稼ぐ方法をまとめています※
犬、いぬ、イヌ…。ブログを書いていて「漢字とひらがな、どっちがいいかな?」と悩んだことはありませんか?読みやすいブログにする方法と、SEO的観点の2つから使い分けテクニックをお伝えします。

 

こんにちは。ライトエヌの代表、大ちゃんです。

【ブログライター】のシリーズは、以下の4点を毎回ブログ形式でお伝えしています。

  • ブログを検索で上の方に出すためのポイント
  • ブログを書くコツ
  • ブログ独特のルール
  • 集客できるブログのテクニック

 

今回お伝えするのは、ブログを書くコツブログを検索で上の方に出すためのポイントの2つ。

ひらがなと漢字を使い分けるだけで、あなたのブログは格段に分かりやすくなります。

 

それだけでなく、文章や構成は一切変えていないのに検索で上の方に表示されるようになるかもしれません。

「かばん→鞄」と表記を買えただけで、読者が12倍に増えたクライアントも!

 

【使い分け1】紹介したいアイテムによって変えてみる

ブログ 文末 単調 体言止め インパクト 読みやすい リライト

ひらがなと漢字、どちらが良くて、どちらが悪いということではありません。

ひらがなと漢字のメリット・デメリットを利用すれば、文章のイメージを自由にデザインすることもできます。

 

例えば…

  • 漢字のメリットは「キチンとした印象」
  • ひらがなのデメリットは「子供っぽい印象」

 

これをうまく利用して、文章を組み立ててみましょう。

高級感のあるアイテムにはキチンとした印象を与える「靴」、子供向けアイテムなら「くつ」という使い分けてみます。

ブログ ひらがな 漢字 SEO 読みやすさ 使い分け テクニック 例文

【例】
靴(くつ)の場合

  • 『紳士向けの高級革靴「KAWAGUCCHI」が入荷しました』
  • 『ベビー用シューズ「はじめてのくつ」が入荷しました』

 

次に、漢字とひらがなの使い分けを逆にしてみると…

  • 『紳士向けの高級革ぐつ「KAWAGUCCHI」が入荷しました』
  • 『ベビー用シューズ「はじめての」が入荷しました』

 

さっきの方がいいですよね…

高級革靴が安っぽく見えるし、ベビー用シューズは可愛くないように思える…。

 

このように、ひらがなと漢字は文章のイメージをガラリと変えてしまいます。

ぜひ紹介したい商品のイメージや、ブログの雰囲気によって使い分けてみてくださいね。

<アイテムごとの使い分け>
・ひらがなは、子供向けアイテムに◎
・漢字は、高級感のあるアイテムに◎

 

 

【使い分け2】読みやすさから考える

ブログ ひらがな 漢字 SEO 読みやすさ 使い分け テクニック 例文

読者が多かったり、稼いでいるブログに共通しているのは何か。

それは、読みやすいということ。

 

そのために欠かせないのが、ひらがなと漢字の使い分けです。

以下の3つの例文のうち、あなたはどれが一番分かりやすいと思いますか?

ブログ ひらがな 漢字 SEO 読みやすさ 使い分け テクニック 例文

例1はやたらと漢字が多すぎて、難しそうに見える。例3は、ひらがなが多すぎて逆に読みにくいよね。

Write-Nで独自に調査した結果では、8割以上の人が「例2が一番分かりやすい」と答えました。

ブログ ひらがな 漢字 SEO 読みやすさ 使い分け テクニック 例文

 

ひらがなと漢字は、パッと見たときのバランスが重要です。

 

漢字がズラズラ続くと、中国語みたいで難しそうに見えます。

さらに普段使わないような漢字を使ってしまうと、読めない可能性もあります。

野菜の名前だと「おくら→陸蓮根」「ふきのとう→蕗の薹」とか急に出てきたら、読めないですよね…。

 

ブログ ひらがな 漢字 SEO 読みやすさ 使い分け テクニック 例文

みんなが読めないような漢字は、使わない方が良いです。

ブログで使う漢字は、中学生が読めるかどうかを基準にしましょう。

 

あとは文章を書いた後に、漢字が続きすぎていないかをチェックします。

例えば上の文章は「漢字が続き過ぎていないかを確認→漢字が続きすぎていないかをチェック」に書き換えています。

 

【追記】
ひらがなにすると分かりやすくなる漢字をまとめてみたので、興味のある方は参考にしてみてくださいね。

漢字→ひらがな書き換え例
  • 人参→にんじん
    ※野菜の名前は、基本的にひらがなの方が分かりやすい。
  • 綺麗→きれい
  • 出来る→できる
  • 言う→いう
  • 頂く→いただく
  • 下さい→ください
  • 時→とき
  • 物→もの
  • 所→ところ
    ※「このところ」や「聞くところによると」など、状況を表すときはひらがなで。場所を表すときは漢字で。
  • 欲しい→ほしい
    ※「○○してほしい」のように、動作を表すときはひらがなで。「オモチャが欲しい」のように、物欲を表すときは漢字で。
  • 来る→くる
    ※「見てくる」のように、動作を表すときはひらがなで。「電車が来る」のように、人や物が近づくときは漢字で。

 

【使い分け3】SEO的な観点から考えてみる

ブログ ひらがな 漢字 SEO 読みやすさ 使い分け テクニック 例文

最後は、SEO対策的な使い分け。

SEO対策というのは、検索結果で上の方に表示させる方法のことです。

集客を増やすためには、検索数が多いキーワードを使うのが手っ取り早いです。

「ランチ 目黒 オシャレ」と検索したときに、上から1番目にあるサイトと5番目にあるサイトでは集客&収入が全然違う!

 

例えば「靴」という単語。

漢字と平仮名では、検索数が全然違います。

ブログ ひらがな 漢字 SEO 読みやすさ 使い分け テクニック 例文

キーワードの検索数をチェックするツールはいろいろあるのですが、無料で使える「aramakijyake」というサイトが便利です。

先ほど紹介した画像も、aramakijyakeで調べました。

googleで「aramakijyake」と検索すると、一番上に出てくるよ。一応【ココ】からも飛べるようにリンク貼っときます。

 

まとめ

まとめ ブログ キーワード 集客 何個 数

ひらがなと漢字の使い分けのポイントは3つ。

  1. 紹介したいアイテムの雰囲気に合わせる
  2. 文章のバランスを見て考える
  3. 検索数の多さで決める
優先順位は、検索の多さ→雰囲気→バランスかな。

 

関連記事

未定

 

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Google +
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
follow us in feedly