【色・太字・枠で!?】書いても売れないアフィリエイトブログを卒業する3つのコツ

売れない ブログ 読まれない 色 枠 太字 使い方 見やすいブログ
※Write-Nのライティングブログです※
レビュー記事を書いても売れない。ブログを毎日更新しても売れない。文字数や記事数を増やしても売れない。・・・その理由は、「記事が読まれていないから」かも。じゃあ今までの記事を消す?いえいえ、今まで書いた記事を活かす方法があるんです!今ある記事を【売れる記事】にリライト(修正)する3つのコツをまとめました。

こんにちは!ライトエヌの代表、大ちゃんです。

今回お伝えするのは、読者がついつい読んじゃうブログを作るコツ。

 

コツといっても、小難しいライティングについて書くつもりはありません。

あなたが書いてきた過去のブログに色を付けたり、「ここぞ!」という部分を太字で目立たせたり、絶対読んでほしいところを枠で囲ったりするだけです。

 

今日のブログを読んでほしいのはこんな人たち

  • ブログを書くのがそもそも苦手
  • ブログ記事のネタがつきた
  • ブログ更新に疲れた…
  • 書いても書いても売れないじゃん!
  • アフィリって楽して稼げるんじゃないの!?文字打ちっぱなしじゃん!

 

今からお伝えする3つのコツは、カタカタ文字打ち不要です。

ブログ更新でお疲れの指と手首、今日は休ませてあげましょう。

僕は今から、このブログのためにカタカタするけどね…!




【まずはココ】記事の半分は読まれていない説~知りたくない事実

売れない ブログ 読まれない 色 枠 太字 使い方 見やすいブログ

一生懸命書いた、渾身のアフィリエイト記事。

「このページからは、売れるぞ!!」と思っていたのに、いざブログに上げてみると…

あれ?商品が売れない!

アフィリエイトあるあるですね…。

某リサーチ会社が行ったアンケートによると、ブログを最初から最後まで読む人の割合は3割以下。

7割以上の人がパッと見てページを閉じる、もしくはスクロールして流し読みをするのだそう。

 

これ、パソコンよりもスマホからブログを見る人が増えたというのが大きいです。

スマホって、ちょっとした空き時間に使えますからね。

パソコンで調べものをするときほど、しっかり読んでもらえないケースが多いんです。

 

・せっかく書いたブログも、そのほとんどがしっかり読まれていない。
・笑える小ネタや、渾身のギャグもスルーされている可能性が高い(苦笑)




読まれるブログvs読まれないブログ

売れない ブログ 読まれない 色 枠 太字 使い方 見やすいブログ

ブログを読むときの読者の行動は、大きく3つに分けられます。

  1. 「このページは読みにくい」と感じて、即効で閉じる
    =全く読まれない
    =商品が全く売れない
  2. 冒頭で興味が持てなくて、スクロールして飛ばし読みする
    =読まれない部分が多い
    =売れる可能性が下がる
  3. 「お、知りたいことが分かりそうだぞ!」と、読み進める
    =しっかり読んでもらえる
    =売れる可能性が高い

 

行動を決めるのは、ページを開いた時の第一印象。

 

パッと見て、分かりやすそうかどうかを脳が判断するんです。

人だけでなく、ブログまで第一印象で決まるとは…

 

ではどうすれば、分かりやすいブログに見えるのか。

それがこれからお伝えする、3つのテクニック【色・太字・枠】を使うことです。

 

すでに公開しているブログやページがあれば、ぜひお試しください。

同じ文章なのに、自分でも驚くほど見た目が変わるはずです。




【実践!】色・太字・枠の使いこなしテクニック

では早速、3つのテクニックを使いこなす方法をご紹介します。

具体例がある方が分かりやすいと思うので、今回は架空のブログを用意しました。

まずはBefore→Afterからどうぞ。

売れない ブログ 読まれない 色 枠 太字 使い方 見やすいブログ




コツ1.赤色でアピール&青色でリンク

売れない ブログ 読まれない 色 枠 太字 使い方 見やすいブログ

大事なところは、文字に色を付けて目立たせてみましょう。

文章全体に色を付けるのではなく、部分的に色を付けるようにします。

「あれ?何だろ?」と、脳が無意識に反応しちゃいます。

ただし使い過ぎは厳禁

ゴチャゴチャしすぎて、反対に分かりにくくなります。

▼失敗例…
売れない ブログ 読まれない 色 枠 太字 使い方 見やすいブログ

ちなみに僕がよく使うのは、赤色・青色・灰色の3色。

こんな感じで、使い分けています。

  • 赤色は目立たせたい部分
  • 青色はリンク部分(下線をつけて)
  • 灰色はちょっとしたコメント部分




コツ2.太字のインパクト

売れない ブログ 読まれない 色 枠 太字 使い方 見やすいブログ

色を変えなくても、文字を太くするだけでインパクトがあります。

さらにフォントサイズを大きくすれば、効果抜群

 

太字とフォントサイズの効果は、色を変えるよりインパクト大です。

見たくなくても、目に入ってしまう。

ただし、これも色と同じく使い過ぎに気を付けてください。

犯行予告状みたいになりますので…。

▼失敗例
売れない ブログ 読まれない 色 枠 太字 使い方 見やすいブログ

1つの見出しに、1~2こが丁度いいかなと思います。

スクロールで流し読みしていても「ん?」と目につきやすいので、「ここは読んでほしい!」という部分に使ってみてください。




コツ3.枠で分かりやすさUP

売れない ブログ 読まれない 色 枠 太字 使い方 見やすいブログ

文章をグッと分かりやすくするのが、枠。

まとめやポイント、要点などを枠で囲むだけで分かりやすく見えます。

 

ただしこれも、多用しすぎると効果が薄くなるので要注意!

枠だらけだと、むしろ分かりにくい。

▼失敗例
売れない ブログ 読まれない 色 枠 太字 使い方 見やすいブログ

目安は、1見出しに1つまで。

 

見出しごとに必ず入れる必要もないです。

ちなみにWrite-Nの記事では、1記事(4000文字)あたり1~3この枠を使うことが多いです。




まとめ

売れない ブログ 読まれない 色 枠 太字 使い方 見やすいブログ

  • パッと見たときに、記事の第一印象が決まる
  • 第一印象で「分かりにくそう」と思われたら、記事を読んでもらえない
  • 読んでもらうために必要なのが色・太字・枠の3つ
  • 目立ちレベルは、色<太字<枠

色・太字・枠は、部分的に使うからこそ効果を発揮する!使い過ぎには気を付けて。

関連記事

  • 今あるブログ記事を「読まれる」ようにするテクニック第2弾!画像の効果的な使い方について、簡単にまとめています。

>>『文章力を磨くより楽&効果抜群!画像の使い方』






コメント

タイトルとURLをコピーしました