【あと5万…】改行・行間・句読点!読みやすいブログにするテクニック

読みやすいブログ 改行 行間 句読点 使い方 書き方

サイトやブログを使ったアフィリエイトで稼ぐための必須条件。それは、読みやすいブログであること。・・・だけど読みやすいブログって何!?というあなたのために、僕が実践している2つのテクニックをご紹介します。

こんにちは!Write-N代表、大ちゃんです。

今から書くのは正しい文章の書き方ではありません。

読みやすいブログの書き方です。

 

ブログで読みやすい文章というのは、学生の頃に身につけた文章や、会社で使うビジネス文書とは違います。

正しい文章とはかけ離れていますが、いいんです。

 

だって、ブログだから。笑

ブログで稼ぎたいなら、ブログらしい書き方をするのが一番!




【2つのテクニック】改行・行間・句読点(くとうてん)

読みやすいブログ 改行 行間 句読点 使い方 書き方

即閉じされるブログと、なぜか読み進めてしまうブログ。

違いはなんだ?と考えた結果、行きついたのが「改行」「行間」「句読点」の使い方です。

文章の上手い下手の前に、見やすさが大事だったりする。




テクニック1.改行&行間

読みやすいブログ 改行 行間 句読点 使い方 書き方

改行のコツは3つあります。

  1. 基本は1文で改行
  2. 短めの文なら2文で改行してもOK
  3. 1文は、長くても60文字以内に

 

ビジネスで使う文章と、大きく違うのが改行の使い方です。

ブログは、1~2行でこまめに改行するようにしましょう。

 

理由は、ブログに来るユーザーのほとんどがスマホだから。

 

ズラズラと長い文章は、スマホだと本当に読みにくいんです。

 

読みやすいブログ 改行 行間 句読点 使い方 書き方

そうそう。

忘れちゃいけないのが、行間。

 

行間というのは、文章と文章の間隔のことです。

改行と同じで詰めすぎても、あけすぎても読みにくくなってしまいます。

 

ほら、芸能人のアメブロとか、間隔がめちゃくちゃ開いてるのありますよね。

アレが読みにくいと思うのは、僕だけではないはず。

ポエムか!!ってなる。

▼こんなの
読みやすいブログ 改行 行間 句読点 使い方 書き方

ブログの書き方は、自由です。

だけど読みやすいブログにしたいなら、行間はほどほどに。

 

行間はブログの種類やテンプレートによっても違ってくるので、記事が書けたらスマホで確認するといいですよ。




テクニック2.句読点

読みやすいブログ 改行 行間 句読点 使い方 書き方

句読点の打ち方は、個性が光るところです。

その人らしさを出せる部分でもあるので、「絶対こうするのが読みやすい!!」という正解はありません。

 

僕が句読点で気を付けているのは、ただ1つ。

30文字以上
続かないようにすること。

 

その方が読みやすいんですよ。

もう無意識にそうなっちゃっていますが、最初の頃は意識して30文字以下で「、」を打つようにしていました。

とか言いつつ↑の文は32文字っていうね!笑

句読点を打つコツは3つです。

  1. 30文字以上続かないようにする
  2. 「を」のあとは句読点を打たない
  3. 「じゃあ」「では」など、問いかけの部分で句読点を打つ

 

アレコレ言うより目で見た方が早いと思うので、具体例をあげますね!

読みやすいブログ 改行 行間 句読点 使い方 書き方




まとめ

  • 1文は長くても60文字程度
  • 1文で30文字以上になりそうな時は、句読点を打つ
  • 基本は1文で改行
  • 短い文なら2文で改行
  • 行間は詰めすぎず、開けすぎず
  • 「では」「じゃあ」など問いかけの後は、句読点

 

ブログが読まれないなーという人、離脱率が高い人、文章に自信がない人は、ぜひお試し下さい。

関連記事

  • プロフィールページ、もう作りましたか?
    実際に稼いでいるサイト&ブログのプロフィールを5つ、コッソリご紹介します。

>>『何書く?どう書く?男性必見!プロフィール実例5つ』






コメント

タイトルとURLをコピーしました