【売れたい!儲けたい!】ブログ記事の最低文字数は何文字か~2018年版

ブログ 稼ぐ 最低文字数 500文字 1000文字 何文字 比較

どうせブログ記事を書くなら、売れる記事を書きたいですよね。しかも10記事書いて1個売れるのと、1記事書いて1個売れるのとじゃ労力が全然違います。そのために必要なことは、ただ1つ。検索上位に表示させることです。売れるブログ記事を書くためには、最低何文字必要なのか。経験からお伝えします。

こんにちは。Write-N代表、大ちゃんです。

今回のブログでは、自分やクライアントの経験則から売れるブログ記事の文字についてまとめています。

だけど見ず知らずの人から突然「私はこのノウハウ&文字数で成功したんです!」と言われても、「いやいやいや、それはあなたのケースでしょ」って思いますよね。

 

ということで、まずは一般論からお伝えしようと思います。

みんなが何文字を目安に記事を書いているのか分かれば、ライバルたちに差をつけられそうですよね!




【まずは一般論から】ブログの最低文字数は1000文字

ブログ 稼ぐ 最低文字数 500文字 1000文字 何文字 比較

ブログの最低文字数は「500文字」という人もいれば、「1000文字」、「3000文字は欲しい」という人まで様々。

・・・いったいどれが正解なのか?

 

アフィリエイトに10年近く携わってきた僕からすると、どれも正解なんです。

ガラケーがあっという間にスマホに取って代わったように、ネットの世界は進化が早い。500文字で稼げた時代、1000文字で稼げた時代…時代の流れやセオリー的なものも日々変化しています。

とはいえネットで見つかる情報は、古いものと新しいものがゴチャマゼです。

今の時代に合った情報かを見分けるために、まずはアフィリエイトの最低文字数のセオリーがどう変化していったのかを僕なりにご紹介します。




昔のセオリーは500文字が最低ライン

ブログ 稼ぐ 最低文字数 500文字 1000文字 何文字 比較

私がアフィリエイトブログを始めたころ、最低文字数は500~600文字と言われていました。

ハッキリとは覚えていませんが2013年前後だったかな、と思います。

アフィリエイト全盛期ですね。

 

ちょうどこの頃から記事の代行執筆を依頼されるようになったのですが、当時は「500文字のブログを100記事」とか「600文字のブログを50記事ずつ」なんて注文がほとんど。

少ない文字数で、大量のブログ記事をあげたサイトが儲かっていた時代です。

 

でも、今の時代ではこのセオリーは通用しません。

 

500文字前後のブログを書いても、上位表示させるのは難しいです。

もしあなたがすでに500文字前後の記事をたくさんブログに上げているのなら、それを1記事まとめた方が集客が増えます。

ごくごく一般人の私たちがブログを上位表示させるには、1記事500文字では到底無理。めちゃくちゃ有名なモデルさんが、自分の写真とアフィリエイト商品を添えて500文字程度で宣伝するなら話は別ですが…。

 

ブログ 稼ぐ 最低文字数 500文字 1000文字 何文字 比較

例えば、こんな感じです。

  • Before ※各タイトル500文字/合計2000文字
    ・『●×青汁はAmazonで買える?』
    ・『●×青汁は楽天で買える?』
    ・『●×青汁はドラッグストアで買える?』
    ・『●×青汁がお得なのはどこ?』
  • After ※合計2000文字
    ・『●×青汁がお得に変えるのはどこ?Amazon・楽天・ドラッグストアもチェック!』

 

Beforeは昔のセオリーに従って、500文字で1タイトルのブログを作ったものです。

Afterは、Beforeのタイトル4つを1記事にまとめたもの。

1記事500文字なので、合計で2000文字の長文ブログ記事が完成することになりますね。

 

このように、似たジャンルのタイトルなら1記事にまとめてしまうのも1つの手です。

既に短めの文章を集めたブログを持っているけど収益が出ていない…という人は、ぜひお試しください。




最近のセオリーは1000文字以上

ブログ 稼ぐ 最低文字数 500文字 1000文字 何文字 比較

繰り返しになりますが、ブログの文字数が最低500文字というのは過去の話。2018年のセオリーは、だいたい1000文字が最低ラインになるのでは・・・と思います。

さて。

コンテンツSEOという言葉が流行り、「文字数の多いブログが上位表示されやすい」と騒がれていたのが2017年頃。

当時は「TOPページを10000~20000文字で、1記事作ってほしい」という、超長文ライティングの依頼が急増

 

数年前までは「500文字で100記事」という依頼が多かったので、すごく不思議な感覚でしたね。

そこから1年たって、「長ければいいわけじゃない」というセオリーが定着してきました。

 

ブログ 稼ぐ 最低文字数 500文字 1000文字 何文字 比較

そして2018年。

今は、ユーザビリティの時代です。

 

文字数よりも、ユーザーの知りたい情報を網羅したサイトが上位表示されると言われています。

 

ただ文字数を重視しないといっても、目安は欲しいですよね。

とくにアフィリエイトを始めたばかりの頃は、「どれくらいのブログを何記事書けば稼げるんだ?」と悩んでしまいます。

 

そこで誕生したのが、最低ライン1000文字以上のセオリー。

 

クライアントに聞いても、「稼ぎたいなら最低1000文字」みたいに書いているアフィリエイト系ブログや情報商材は凄い多いみたいですね。

そのせいか無料ブログでも、1000文字を目安にしている人が増えているなーという印象を受けます。

 

セオリーのまとめ

ひと昔のセオリーは500文字程度の短いブログを大量に書く時代。

約1年前は、とにかく1記事のボリュームを増やす時代。

 

そして今は、最低ライン1000文字を目安に1記事で満足度の高い記事を書く時代に突入しています。

・・と、かなり長くなってしまいましたがここまでは一般論のお話。次からは私が実際にアフィリエイトブログを通して感じている、最低文字数のセオリーについて書いていこうと思います。




【Write-N流】ブログ記事の最低文字数の考え方

ブログ 稼ぐ 最低文字数 500文字 1000文字 何文字 比較

ここまで最低文字数が500文字だとか1000文字だとか書いておいてなんですが・・・

僕は、文字数はあまり関係ないと思っています。

 

1000文字でも上位表示されることはあるし、反対に5000文字書いても上位表示されないことはザラだからです。

つまり大切なのは、文字数ではありません。

記事の中身です。

 

では、記事の中身はどう判断するのか。

ユーザーが満足できる内容かどうかです。

来た人の知りたいことがしっかり書かれていれば、文字数に関係なく上位表示されます

 

例えばあなたが、「ファッションブログ」を運営していたとします。

そこに訪れたのが、ヴインテージっぽくてカッコイイ革靴を買いたい男性です。しかもボーナスが入ったので、お金もあります。

動機はそう、モテるため!これしかないでしょう。(あ、僕のことじゃないですよ!!笑)

そして、見つけたのがこのブログ。

ブログ 稼ぐ 最低文字数 500文字 1000文字 何文字 比較

どうですか?

この革靴、買ってみたいと思いますか?

 

「かっこいいな」と思ったとしても、ほとんどの人は買うまでに至らないはずです。

理由はただ1つ。

 

情報量が少なすぎる!

 

  • 価格
  • サイズ展開
  • 履き心地
  • 革の種類
  • ブランド名

せめてこの5つは盛り込んでほしいところです。

「自分が革靴を買うときに知りたいことは何かな?」と考えてみよう! 革靴に詳しい人なら「○○(ブランド名)のような履き心地で…」という風に、例を挙げるのも効果的!

 

ブログに書くべき内容は、結構多いんです。

 

そう考えると2018年のセオリーが「1000文字以上」というのも、ある意味では頷けるんですよね。

商品の必要な情報を詰め込んでいけば、だいたい1000文字は超えますから。

 

でも長ければ長い方が良いのかというと、そうでもありません。

 

例えば先ほどのブログの書き手が、モテモテの俳優だとしたら短い文章でも十分説得力があるからです。

  • あの俳優がオススメするなら間違いない!
  • めっちゃカッコイイ!!!(写真を見て)
  • 高いけどイイモノなんだろうな~
  • 俳優愛用とか、マジで気になる!

書き手によって必要な文章量が違うなんて、ちょっとビックリですよね。でもこれが現実!

だけどこれからブログを始める方のほとんどは、芸能人でもモデルでもないはず。(もしかしたら、いるかもしれませんが)

私も、一般人です。

 

知名度のない一般人がブログで上位に表示させたければ、文章で相手を説得させるしかありません。

 

ブログ 稼ぐ 最低文字数 500文字 1000文字 何文字 比較

500文字やそこらのブログを書いても、訪れた人は「で?何が言いたいの?」という感じ。

相手が「欲しい!」「買いたい!」と思わせるためにアレコレ情報を書いていくと、おそらく1000文字はラクに超えます。

 

私の場合は、2000文字~3000文字程度になることが多いです。

それくらいの文字数がないと、内容が薄っぺらくなっちゃうんですよね。言いたいことを詰め込んだ結果が、2000~3000文字といった感じです。

私がイケメン俳優だったら500文字で済むのに!!!と思いながら、日々長文を書いています・・・笑

これからブログを始めるぞ!という人は、まず1000文字書くところから始めてみてください。

 

すでにブログをやっているけど稼げていないという人は、ブログの文字数をチェックしてみてください。

全ての記事が1000文字以上あるのに売れていないなら、文字数以外の要因があるはずです。

関連記事

  • サイト構成に悩んだらココから。
    ランキングサイトをトップに。そこに個別レビューへのリンクを貼るサイト構成を紹介しています。シンプルだけど稼げます。

>>初心者向け!稼げるサイト構成(超シンプル)

  • 稼げるサイトに欠かせないのがレビュー記事。レビュー記事を書くポイントをまとめました。

>>実例いっぱい!レビュー記事の書き方






コメント

タイトルとURLをコピーしました